アイメイクをする瞬間

MENU

アイメイクをする瞬間

私は昔から人の目や瞳が好きです。

人物のイラストを描く仕事をしていたこともあって、人の顔は目だけでだいぶ印象が変わります。
そんなこともあり、メイクのビフォーアフター動画を見るのが好きです。
まゆ毛も同じです。形や濃さや角度、長さによって顔の印象はすっかり変わります。
そんな理由もあり、私がお化粧をしていて一番好きな瞬間はアイメイクのときです。

 

マスカラをつけるだけでも、目が大きくなり顔が引き締まって見えます。
自分がどんどん綺麗に変身していくわくわくした感覚は、男性ではなかなか味わえないと思います。
こんなときに女性として生まれて良かったと思うのです。
メイク11

そしてとくに好きなのが、アイラインをひく瞬間です。

基本的にはブラックしか使いません。
アイラインを綺麗に引くために、こだわっている部分は、先の細い筆タイプのアイランを選ぶことです。
筆って柔らかくしなってくれるので、目に負担なく書きやすいです。
また寝かせて書くと、少し太い線が引けるのでアイラインがあまりうまく引けない方にもおすすめです。
ラインだけではくっきりした、堅い感じのメイクになります。若い女性向けの化粧です。

 

私はラインと肌の境目に黒のシャドウでぼかしを入れます。

これをすることによって、目に深みが出ます。
表現が難しいですが、ほりが深くなるような感じです。
アイラインの好きな点は、目じり部分を上げたり下げたり、長め短めと変えるだけで目の形が違って見える効果があるとことです。

 

少し下げて引くだけで、垂れ目な感じのメイクができます。

なので私は無人島にひとつだけ化粧品を持っていけるなら、アイラインです。
ラインは太くすればより大きな目に見えるので、楽しいです。私は目が細いことがコンプレックスなので、変っていく自分を見るのが楽しくていつもついつい太めにひいてしまいます。

 

休みの日は朝、時間があるので、片目ずつメイクをすることがあります。
すっぴんの目と、メイク後の目を見比べるのが楽しいからです。